聖書に登場する人物・固有名詞の発音~Jesusの仮名表記~

目次

固有名詞の仮名表記

 ラテン語聖書 (Vulgata) に現れる固有名詞を、「ラテン語の古典式発音による表記」「同・教会式発音による表記」「日本のカトリック教会の伝統的表記」の3つで比較したのが次の表です。

日本語表記の比較
ラテン語表記 *1 古典式
ラテン語発音
教会式
ラテン語発音
日本のカトリック
教会の伝統表記 *2
Jēsus
(別綴:Iēsus)*3
イエースス イエズス
Marīa マリーア マリア
Jōsēph ヨーセーフ ヨゼフ
Petrus ペトルス ペトロ
Andreās アンドレアース アンドレアス アンドレア
アンデレア
Jacōbus (Zebedaeī) ヤコーブス
(ゼベダエウスの子の)
ヤコブス
(ゼベデウスの子の)
ヤコボ
(ゼベデオの子の)
Jōannēs
(別綴:Jōhannēs)
ヨーアンネース
(ヨーハンネース)
ヨアンネス
(ヨハンネス)
ヨハネ
Philippus ピリップス フィリップス フィリッポ *4
Bartholomaeus バルトロマエウス バルトロメウス バルトロメオ
Matthaeus マッタエウス マッテウス マテオ
Thōmās トーマース トマス トマ
Jacōbus Alphaeī アルパエウスの子
ヤコーブス
アルフェウスの子
ヤコブス
アルフェオの子
ヤコボ
Simōn Zēlōtēs
(Chananaeus)
ゼーローテースの
シモーン
ゼロテスの
シモン
ゼロテのシモン
Thaddaeus /
Judas Jacōbī
タッダエウス タッデウス タデオ
Jūdās Iscariōtēs イスカリオーテースの
ユーダース
イスカリオテスの
ユダス
イスカリオテの
ユダ
Mathiās マティアース マティアス マティア
Paulus パウルス パウロ *5
Marcus マルクス マルコ
Lūcās ルーカース ルカス ルカ
Ādam アーダム アダム
Hēva
(別綴:Ēva)
ヘーワ
(エーワ)
エヴァ エワ
Nōē (Nōë)
(別綴:Nōa)
ノーエー
(ノーア)
ノエ
(ノア)
ノエ
Mōysēs
(別綴:Mōsēs *6
モーイセース
(モーセース)
モイゼス
(モゼス)
モイゼ
Dāvīd ダーウィード ダヴィド
Jerusalēm *7 イエルサレーム イエルザレム エルザレム *8

 外来語中の YE (/je/) という音に対するカタカナ表記には「イェ」「イエ」「エ」の3種類がありますが、前掲の表では「イエ」で統一しました。
 余談になりますが、これらのうち「イェ」というカタカナ表記は比較的新しいもののようです。"Jesus" や "Jerusalem" などの語は日本に入ってきた時代がもう少し遅ければ、「イェズス」「イェルザレム」のように「イェ」を使って表記されていたかもしれません。

 かつては外来語の中に「子音+L/R+母音」という音の並びがあった時、最後の母音をL/Rの前にコピーしてきて「子音+母音+L/R+母音」という形に変形して仮名表記されることがありました。「ガラス(オランダ語 glas より)」「キリスト(ポルトガル語 Cristo より))」などはこの代表的な例です。
 この表に出てくる「アンデレア(Andreās)」という表記もこの流れを受けたものと考えられます。

 日本のカトリック教会が伝統的に使ってきた訳は概ね教会式発音に準じていますが、よく見ますと細かいところで差異があります。次のようなルールの存在が読み取れます。

 2類名詞の語尾を-usから-oに置き換えたのはロマンス語の影響が考えられます。近代以降、日本に宣教にやってきたカトリック系修道会にはロマンス語圏出身の人がそれだけ多かったのかもしれません。

Jesusの仮名表記

 ラテン語 "Jesus" の読みとしては次の2通りがあります。

 しかしお気づきの通り、現代の日本でもっとも広まっている呼び方はこのどちらでもありません。はたしてイエスという表記はJesusの最後の子音を落としたJesu-から来たのか、あるいは音節を丸ごと落としたJes-からなのか、そもそもなぜ最後のほうを落とす必要があったのかも一切不明です。
 一説には "Jesus" の漢語表記「耶穌」を中国語読みした「イェースー」が、プロテスタント系宣教師によって日本に持ち込まれたものとも言われているようです。とすれば実はラテン語どころかその子孫であるロマンス語ともまったく無関係ということになります。

 カトリック系が用いてきた「イエズス(ラテン語 Jesus の教会式発音に基づく)」や、正教系が用いてきた「イイスス(ギリシア語 Ιησους = IESOUS の中世ギリシア語発音がルーツ)」を差し置いて、よりにもよってもっとも由来のはっきりしない言い方が日本では一番幅を利かせてしまっているわけですが、ただ少し前まで英語風に「シーザー」と呼ばれることの多かった Caesar は、今や古典ラテン式に「カエサル」と呼ばれることも増えてきました。
 ちょっとしたきっかけで、ラテン語 Jesus も表記通りに「イエスス/イエズス」と読まれることのほうが多くなる日が来ても不思議ではありません。

 ちなみに中世末期~近世初頭のキリシタン文献(『ドチリナ・キリシタン』など)では、Jesus は「ぜずす」と表記されています(参考)。これは Jesus のポルトガル語読みを音写したものです。当時の日本語は「ゼ」を [ʒe](ジェ)と発音していたため、「Je→ゼ・su→ズ・s→ス」と仮名表記されたものです。しかしこの読み方は明治以降には受け継がれなかったようです。

主な西洋語における Jesus の綴りと発音

 紀元頃のヘブル語では「イェシュア」のような発音であったとされ、これが後にアラム語を経由してギリシア語「イェースース (Ιησους)」となり、さらにラテン語「イェースス (IESVS)」となった。
 綴りの上では「イェシュア」の古形「イェホシュア」も保存されていて、こちらからは「ヨシュア」という短縮表記(「イェホ‐ [jeho-]」→「ヨ‐ [jo]」)が後に派生した。

-aeus型語尾の固有名詞

 ラテン語で -aeus 型の語尾(ギリシア語の -aios に由来)を持つ固有名詞は、ここ最近語尾を -aeus から -ai に置き換えてカタカナ表記されるケースが増えています。

 例えば12使徒の Matthaeus, Bartholomaeus, Thaddaeus は、以前のカトリック系書物には「マテオ・バルトロメオ・タデオ」と表記されているのに対し、最近のものは "-aeus" の部分を "-ai" に置き換えた「マタイ・バルトロマイ・タダイ」のような表記になっていることが多いようです(仮名表記では語尾が「-エオ」から「-アイ」に変わるという形で現れている)。

 また "Hebraeus" も -aeus 型語尾だけあって、以前の書物には「ヘブレオ語・ヘブレオ人」のように表記されているのに、最近のものには「ヘブライ語・ヘブライ人」と書かれていることが多いようです。

 このうち12使徒のケースに限っては次のような理由が想像できます。即ちこれらの人名は大元のヘブル語やアラム語の段階では -ay, -ai という「‐アイ」型の語尾だったものが、ギリシア語化された段階で -aios という語尾になり、そこからさらにラテン語化された結果、-aeus という語尾を持つに至ったものです。そのため前掲の表記は、大元の発音に基づいたものという理屈なのかもしれません。

 ただ聖書に出てくる固有名詞は、必ずしもすべてがヘブル語なりアラム語なりに遡れるとは限らず、中にはギリシア語由来のものもあります。
 固有名詞の仮名表記というのはいつの時代も難しいものではありますが、聖書に由来する固有名詞を読み上げたり仮名で表記したりする時は、「ラテン語の主格形(発音は教会式または古典式)」「ギリシア語(コイネー)の主格形」のどれかに統一したほうがすっきりして良いのではないかと思われます。